趣味の総合サイト ホビダス
 

C11-171 C11-207

3 comments

Posted on 12th 11月 2011 by スーパーおおぞら in 未分類

今回は旧製品のこの釜をいじりました。

縁あって、とある方と、自分のキハ183とトレードして入手しました。

パーツなど破損部分があったのでジャンクBOXからイロイロ掘り出して形にしました。

走りはバッチリ文句なしです!となればあとは楽勝です。

改造箇所は、スノープロウ交換、先頭部の連結可能化、171の炭水庫を現在の形に改造、JR無線アンテナ取付、ナックルカプラー化、ロッドの赤ラインを消す等です。

まあこれでも現在の姿と違う部分があると思いますが、ここまでやれば、それなりに見えるので(^^;)

まずはロッドの赤を消したところから。

単純にシルバーを流しこんで、乾燥したらはみ出した部分をカッターで軽く削るだけです。

次は先頭の連結可能化工事です。 こちらはカトーのナックルを取付ました。

取付方法の詳細はちょっと秘密です(^^)

6両程度の牽引なら楽勝でいけます。

最後は炭水庫ですが171はオリジナルの形?明らかに形が違うので作りなおしました。

プラ板と瞬間で形を作ったあと、接合部の処理をして部分塗装しました。

以上いかがでしたでしょうか。

個人的には満足しています(^^)

3 Comments
  1. 千里鉄道 says:

    C11-207入手されたんですか。羨ましいです…

    北海道らしいあの2灯がたまりません!!
    KATOのC62-2にも大いに期待してるとこです。

    ただマイクロエースの蒸気って当たり外れが激しいと聞いてるのでちょっと抵抗を感じてしまうところです・・・(滝汗)

    12th 11月 2011 at 09:18

  2. スーパーおおぞら says:

    千里鉄道さんこんばんわ!
    確かにマイクロは安定しませんよね・・・

    でも、自分で手を入れるとかわいいですよ(^^)

    12th 11月 2011 at 19:59

  3. ムー says:

    初めまして。ムーと申します。
    C11の前面にカプラーを取り付ける方法が気になります。何とか教えていただけないでしょうか?

    12th 11月 2011 at 18:09

コメントする