趣味の総合サイト ホビダス
 

C62-2・3

0 comments

Posted on 6th 2月 2012 by スーパーおおぞら in 未分類

購入後半月ほど経ち、ようやく落ち着いたので、UPします。

KATOのC62北海道型、店で試運転見た時からヤバイと思ってしまったこの釜!

購入して家で走らせたら超スロー走行に感動!(^^)!  友人によると、コアレスモーター搭載しているとの事です。

フライホイールは2個搭載! 走行中急停車は無理です!!!

3号機を先行購入、2号機は金に余裕が出来たらと思っていましたが、友人から嬉しい一言が○(><)○

2号機は定価の半値で購入させていただきました!!!

お礼はさせていただきます(^^)

で、2号機から。現在梅小路で保存されていますね。

こちらは特に加工などはしていませんが、2号機はトミのレールだと、左右に車体を揺らしながら走行・・・

1時間ほど原因を探って解決!(カトーのレールの方がトミックスのレールよりほんの僅か広いです、どっちが正確なのかは知りませんが・・・)

動輪の車輪幅が少し広い為に、ゴム付き車輪がレールに乗り上げていました。

ということで、動輪の車輪幅を0.3ミリほど詰めて試運転したところ、見事な走行を見せてくれました!

次は3号機。

現在は苗穂工場で静態保存されていますね。

こちらは重連に対応させるために、先頭部にナックルカプラーを取り付けました。

が、製品に付属のものだと、個人的にリアルさに欠けるな~と思い、ガッツリ加工!

KATOの電気機関車用のナックルカプラーを使いました。

改造方法を簡単に書くと、ナックルカプラーに、タヴァサのTNカプラー用ポケットのビスが入る程度に穴を広げ、カプラーに通したビスをプラ板に固定。これを車体にゴム系接着剤で取り付けました。

あまり車体にメスを入れたくないので、接着はよくやります。

全体から。

で、こちらは先頭部。

2号機+3号機。

斜め上から。

ちゃんと連結できてます。

一応R280まではクリアできましたが、ウチではR315以上(基本R391使用)なので全く問題ありません(^^;)

ちなみにライトは、煙突を回転させる事で、遮光する構造のようで消灯できます!

パッケージに2号機はJR西日本商品化許諾、3号機にはJR北海道商品化許諾と書いてありました!

納得(^^;)

次回は、今月北海道へ行きますので、その様子を書きたいと思います。

この時期恒例のSL列車に乗ります!!

コメントはまだありません。

コメントする